どんな困難もこじ開ける恋愛・婚活の成就成功のやり方・マニュアル・最新情報

コロナ自粛期間こそ恋愛、婚活チャンス!モテない人こそ今を逃すな!

コロナ婚活1

メルマガ、公式LINEでは、何度もお伝えしたのですが、緊急事態宣言が発令され、外出が自粛されている今こそ、普段モテない人が恋愛、婚活成功させるチャンスとなります。

今回は、「どんな人がモテるのか」「どうやれば恋愛、婚活を成功させることができるのか」について解説していきます。

皆藤直季
皆藤直季

会えないから恋愛、婚活は難しいと感じる方も多いかもしれませんが、僕から言わせれば今こそチャンスですね。
ブィブィ(o^─^o)v

「恋愛門」恋愛・婚活マニュアル(この記事の要点、得られること)

・コロナ自粛期間が、なぜ恋愛、婚活のチャンスなのか
・コロナ自粛期間には、どんな人がモテるのか
・コロナ自粛期間に、どうやれば恋愛、婚活を成功させることができるのか

会う前にほれさせるメルマガバナー

なぜ今、モテない人にとって恋愛、婚活チャンスなの?

なぜコロナウイルスで外出自粛の今こそ、普段モテない人にとってチャンスなのでしょうか?

結論を一言で言ってしまえば「会えないからこそ良い」ということです。

では、そのからくりをお伝えしていきます。

「ハンデ無効化!人生逆転婚活塾」に入塾する生徒もそうですが、本当にモテない人というの多くは、

  1. 全くチャンスがない
  2. 1回会った時点(初デート)で関係が終わる

上記の2パターンの方が非常に多いのです。

2つのパターンの人が、自粛期間であることにより、なぜチャンスとなるのでしょうか?

そもそもまったく恋愛、婚活チャンスがない人の場合

自粛期間になったことで、自宅にいる人が圧倒的に増えました。

テレワークをしている人でも、通勤時間が無くなったことで、時間があまるようになったのです。

時間が余った人たちが何をするかというと、趣味や家のことに時間を使う方も多いですが、確実にスマホをいじる時間が伸びています。

結果、マッチングアプリなどの利用も増えるのです。

今まで登録だけしていた人が、久しぶりにログインしたり、新規で登録する人も出てくるわけです。

将来の不安が目の前で起こっているため、頼れる人を探したくなるのは当然です。

よって、単純に「需要」が増えているだけでなく、より強い需要が増えているためチャンスなのです。

皆藤直季
皆藤直季

コロナに直面して、頼りないと感じ、別れているカップル、夫婦も多いですからね。

よりチャンスは増えるはずです。

1回会った時点(初デート)で関係が終わる人の場合

1回で終わる人の場合、会ってはいけないタイミングで会っているから失敗してしまいます。

要するに、会ったら自分の魅力を伝えられない人が、焦って魅力を伝えきる前に会って失敗をするのです。

緊急事態宣言が出され、外出自粛の今は、「会わない」という正当な理由があります。

マッチングアプリのライバルたちとも会わない状況ができるため、あなたにも魅力を伝える時間が与えられている状況なのです。

会った方が強いライバルが、意中の人に先に会われてしまうと、かなり厳しい状況に陥ります。

しかし、今はそうなりにくい状況ですから、チャンスであると言えるのです。

コロナ自粛期間には、どんな人がモテるのか?

どんな人がモテるかと言えば、「文字のやり取りを通じて魅力を伝えられる人」です。

楽しませる、癒す、意外にもいろいろな要素がありますが、いずれにしても、やり取りを通じて、あなた自身の魅力を伝えられなければなりません。

当然ですが、前提として、あなたが魅力的である必要があります。

文字のやり取りでは、特に「中身が魅力的であること」が重視されます。

外見が悪かろうが、他にハンデがあろうが、中身が魅力的な人は強いのです。

しかし、魅力的な中身を持っていても、上手く伝えられないのであれば、上手くいくはずもありません。

自粛期間であってもモテるのは、やはり「文字のやり取りを通じて魅力を伝えられる人」なのです。

皆藤直季
皆藤直季

中身、性格などが悪い人は、流石にモテません。
そんな人は異性も選ばないのです。

恋愛は構いませんが、外見だけに頼った婚活をしてしまうと、後で苦労しますよ。
(;´▽`A“

モテない人が自粛期間で成功するために必要なもの

コロナ婚活2

「文字のやり取りを通じて魅力を伝えられる人」がモテるわけですから、モテない人が自粛期間で恋愛、婚活を成功させるために必要なものは「モジニケーションスキル」になります。

「モジニケーション」とは、文字のコミュニケーションスキルのことで、ちゃんと伝えて、ちゃんと受け取れる、読み取れる力を必要とします。

高いモジニケーションスキルを持ってさえいれば、コロナ自粛期間はあまり影響もなく、むしろかなり優位に恋愛、婚活を進めることができるのです。

先ほどの項目で、「需要」が増えているということをお伝えしましたが、それは同時に「供給」も増えていることを示しています。

つまりライバルも増えているということです。

しかし、現状モジニケーションレベルが高いライバルは、非常に少ないです。

低レベルのメッセージが送られる中で、圧倒的に異性の心をつかむメッセージがあったらどうでしょう?

ライバルが多くても、ちゃんと返信が来るようになるのです。

また、ライバルとのメッセージのやり取りは単調なものとなり、内容の薄い質問のやり取りが繰り返される中、お互いが楽しみ、メッセージのやり取りを待ちわびるようなメッセージのやり取りとなるのです。

モジニケーションの高いレベルをもってすれば、コロナ自粛期間は、むしろ大チャンスでしかないのです。

皆藤直季
皆藤直季

実際に生徒や他の人の投稿、やり取りを見て分かりますが、特に男性のモジニケーションレベルはまだまだです。

本当に基本的なことすら分かっていない人ばかりなので、本当にチャンスだと思います。

自粛期間に恋愛、婚活を成功させる手順とは?

皆藤直季
皆藤直季

前提としてある程度のモジニケーションスキルが必要よ。

コロナ自粛期間に、恋愛、婚活を成功させる手順について解説します。

手段としては、需要が集まっている「マッチングアプリ」を活用します。

手順は普通のマッチングアプリを活用する手順のままで、ほぼ問題はありません。

  1. メッセージを送る
  2. メッセージのやり取りをする
  3. メッセージのやり取りを続ける
  4. まだまだメッセージのやり取りを続ける
  5. 状況によってはZOOM、Skypeなどで顔を見ながら話す
  6. 自粛明けにデート

ある程度の容姿がある人、プロフィールが強い人は、簡単にメッセージのやり取りまで発展させることができるかと思いますが、そうではない人は、メッセージのやり取りが重要となります。

外からは分からない内面の良さを、時間をかえてアピールしていくのです。

ここであなた自身の内面を売り込み、相手があなたとのメッセージのやり取りを楽しむようになってくれれば、「自粛後に会いましょう」という状況がやってきます。

注意したいのは、相手の気持ちを引く前に、ZOOMやSkypeなどの画面越しに合える状況にしないことです。

できれば、「自粛明けに直接会う」というところまで、相手の気持ちを盛り上げ続け、好きで好きでたまらないという状況に持ち込めれば最高です。
※つまり5は無しということです。

画面越しで勝負できる容姿やしゃべりが上手い人であれば、早期にZOOM、Skypeに持ち込んだ方が良いですが、それらが苦手な方は、文字のやり取りで相手の心をつかみ、惚れさせるところまで持っていく必要があるということなのです。

そのため、モジニケーションスキルは必須となります。

無い人は、正直厳しいと言えるでしょう。

「自粛期間が明けたら会おうね」という約束を取り付け、そこまでの期間で相手の気持ちを限界まで持ち上げます。

これで、かなりの高い確率で良い状態で会うことができるため、継続する可能性が高いデートに持ち込むことができるでしょう。

皆藤直季
皆藤直季

もちろん相手のあることなので、100%は無理です。

だからこそ複数人同時にやり取りをしてくださいね。

コロナ恋愛、婚活まとめ

「モテない人は、コロナ自粛期間こそ恋愛、婚活チャンス」ということでお伝えしました。

しかし、前提として文字のやり取りのスキルが無ければどうにもなりません。

少し厳しいことを言うと、自分の良さを活かせないようでは、恋愛も婚活も成功することは難しくなります。

相手があなたを選ぶためには、選ぶだけの理由が必要なのです。

  • 容姿がいいから選ぶ
  • 年収が高いから選ぶ
  • 優しいから選ぶ
  • 一緒に居て楽しいから選ぶ

あなたはどこで選んでもらう戦略を取りますか?

まったく選ばれる良い部分が無いのであれば、異性が選ぶはずはありません。

しかし、誰でも何かしら恋愛、婚活で戦えるだけの武器をもっています。

あなたが幸せを掴みたいのであれば、このチャンス逃さないでください。

皆藤直季
皆藤直季

モジニケーションについては、恋愛、婚活としてではありませんが、以下のページでかなり突っ込んだ動画を公開しています。

友達、家族とのLINEやり取りなどでも使えるので、参考にしてみてください。

LINEやり取り・コミュニケーションの重要ポイント【拡散希望】今この状況だから家族で学ぼう!LINEやり取り・コミュニケーションの重要ポイント!
LINEバナー4

恋愛婚活支援サービス一覧バナー