どんな困難もこじ開ける恋愛・婚活の成就成功のやり方・マニュアル・最新情報

【婚活は何歳から?】婚活がうまくいくための婚活開始年齢《男女別解説》

「将来的に結婚したいと思っているけど、何歳から婚活を始めれば良いか分からない」という方は多いかと思います。

「まだ流石に早い」と感じている方もいるかもしれませんが、あなたが思っているよりも、本格的に婚活を開始する年齢は、若いかもしれません。

今回、男女別の適正年齢について、理由を付けて解説します。

男女で違う婚活開始の適正年齢。早めに知っておいてください。

http://www.rare-mon.com/wp-content/uploads/2020/01/24053712a306f27d1334ea5721ce41c3.png
皆藤直季

将来的に、
結婚をしたいという方は
知っておいた方が良いですね。
(○´∀`○)

あとで焦ると
良い結果になりにくいですから。
(;´▽`A“

婚活を開始する適正年齢の考え方《男女共通》

「婚活は何歳から始めるべきなのか?」という明確な答えを出す前に、婚活を開始する適正年齢を導き出すための考え方についてお伝えします。

この項目でお伝えすることが理由となって、適正年齢が導き出されますので知っておいてください。

異性からの需要がある年齢を狙う

「婚活を何歳から始めるべきか?」という問いに対して答えを出すためには、まず「需要」について知っておく必要があります。

  • 男性であれば、女性は何歳くらいの相手を求めるのか?
  • 女性であれば、男性は何歳くらいの相手を求めるのか?

ということを知っておかなければならないのです。

婚活をうまくいかせるためには、「確率」を無視してはいけません。

確率の高い選択をし続けていった先に、婚活のゴールがあると言ってもいいくらいです。

確率高い婚活を考えた場合、「需要が一番高い年齢」を逃すわけにはいきません。

また、逆を言えば、需要がある時期を逃した先は、一気に需要がなくなるので注意が必要であるとも言えます。

では、具体的に需要が高い年齢を、男女別に確認してみましょう。

  • 男性:20代後半~35歳くらいまで。
  • 女性:20代半ば~30代前半。

実際に過去の生徒の要望や、マッチングアプリ等で人気の高い年代は、上記の範囲に集中しています。

つまり、この範囲内で「結婚」という結果を出せる状況に持っていっている必要があるということなのです。

先ほど、「需要がある時期を逃した先」についてお伝えしましたが、実際の調査結果として、独身男女35歳~39歳の5年後を調査した結果、結婚していた割合は、男女ともに1%程度であったことが分かっています。

35歳を超えた途端、一気に厳しい現実を突きつけられることになるので、需要のある時期を逃さない婚活を行っていきましょう。

http://www.rare-mon.com/wp-content/uploads/2020/01/4960ee3b763baf32e5463c8f0475b1e6.png
皆藤直季

特に女性は
「出産」があるため
35歳以上の需要は
相当厳しくなります。
(゜―Å)

男性よりシビアなので
女性は特にお早めに。

婚活でかかる時間から逆算する

先程の需要の時期は、あくまでも「結婚する年齢」としての需要です。

婚活は、出会ってすぐ結婚するわけではありませんから、逆算して婚活開始時期を算出する必要があるのです。

では、婚活を行っていく場合、どれくらいの期間がかかるのでしょうか?

婚活の方法や、その人の状況によっても違いますが、これまでの経験や、実際に見てきた事例を元に、おおよその平均的な期間を出すとしたら、以下のようになるかと思います。

《平均的な婚活に要する期間》※独自調べ

  1. 知り合うまで:0~3か月程度
  2. 関係性を深めるための期間:3か月~6か月
  3. 同棲期間:半年~1年
  4. 結婚

つまり、1~2年くらいはかかるのが平均的な婚活の期間となります。

もちろん人によっては、これ以上かかる場合もありますし、すんなり行く場合もあります。

傾向としては、「外見が強い人」「コミュニケーション能力が高い人」は、時間が短い傾向にあります。

3の同棲期間を飛ばして結婚する方もいますが、オススメはしません。

婚活カウンセラーとして、これまでの経験、事例を見る限り、同棲は100%すべてきであるとお伝えしておきます。

http://www.rare-mon.com/wp-content/uploads/2020/01/977fd7e75482614853817e4eec6c511b.png
皆藤直季

ちなみに
僕自身も同棲なしの
スピード婚で
失敗しています。

経験者は語るってやつです。
(;´▽`A“

失敗の可能性を考えて余裕を持つ

そもそも婚活は、いきなり良い人に巡り合うわけではありません。

お付き合いをOKしてお付き合いを始めたものの、やっぱり違うと感じて別れることもあります。

また、同棲してみたら、一緒に生活することは無理となる場合もあるのです。

婚活の怖いところは、一回の失敗が、大きな時間のロスとなるばかりか、需要の期間をも削っていってしまうところにあります。

若いうちの失敗は問題ありませんが、需要範囲ギリギリで破談になってしまうと、一気に厳しい状況に置かれてしまうのです。

そのため、婚活は余裕をもって取り組む方が良いのです。

1、2回失敗してもまだまだ余裕があるくらい、早めの婚活をした方が、結婚できる確率は高いと言えるでしょう。

参考|やりたいことはある程度やってから

結婚する前に、ある程度やりたいことはやっておいた方が良いかもしれません。

やりたいことをやらせてくれるパートナーを見つけられれば一番良いのですが、特に女性は、出産、育児と、自分の時間を確保すること自体が困難となる期間が、現実問題として発生するのです。

婚活に入る年齢を考えると、若いうちにやりたい事をいっぱいやっておくのも、大事であると思います。

http://www.rare-mon.com/wp-content/uploads/2020/01/24053712a306f27d1334ea5721ce41c3.png
皆藤直季

男は結構
結婚しても好き勝手やれるのですが
女性は身ごもってから数年は
やっぱり大変ですからね。
(;´▽`A“

男性も育児をサポートして
女性にも自由な時間を
取らせてあげると良いでしょう。
(○´∀`○)

婚活を開始は何歳から?《女性編》

ハグ2(アイキャッチ)

ここまでの情報を踏まえて、「女性の婚活は何歳から始めるべきか?」という答えを導き出していきたいと思います。

  • 女性の需要年齢:20代半ば~30代前半。
  • 平均的な婚活の期間:1~2年くらい
  • 失敗について考慮:1回の失敗につき、半年から1年のロス

すべて踏まえて逆算していくと、おおよそ以下のような年齢になります。

(20代半ば~30代前半)-(1~2年)-(半年×2回)=「20代前半~20代後半」

計算上はこのような感じになるかと思います。

しかし、現実問題としては、20代前半は学生、社会人成り立てという時期にあたるため、現実的にはスタートの20代半ばはそのままで、「20代半ば~20代後半」が適正年齢であると言えるでしょう。

この年齢で婚活を開始すれば、需要があるだけでなく、失敗できる余裕があるため、じっくりと相手を見ることができます。

女性は男性に比べ、時期も早いだけでなく、期間自体が短いため、確率高く戦略的に婚活を行っていく必要があります。

また、容姿の良い女性に多いのが、モテてちやほやされ過ぎてしまったが末の、年齢的需要の低下です。

女性に関しては、容姿だけでなく、出産という強制的な制限が設けられるため、モテる人と言えど、あまり年齢を重ねないようにすることをオススメいたします。

婚活を開始は何歳から?《男性編》

ここまでの情報を踏まえて、「男性の婚活は何歳から始めるべきか?」という答えを導き出していきたいと思います。

  • 男性の需要年齢:20代後半~35歳くらいまで。
  • 平均的な婚活の期間:1~2年くらい
  • 失敗について考慮:1回の失敗につき、半年から1年のロス

すべて踏まえて逆算していくと、おおよそ以下のような年齢になります。

(20代後半~35歳)-(1~2年)-(半年×2回)=「20代半ば~30代前半

計算上はこのような感じになるかと思います。

男性の場合は女性とは違い、特に補正する必要もないので、上記のままで問題ないと思います。

ただ、男性の場合、恋愛、婚活が苦手な人は、通常の1、2年では収まらない人が多いのも現実としてあります。

恋愛経験が少なく、異性との交流が苦手な方は、なるべく早く取り掛かり、慣れるという時間も設けてみてください。

婚活開始年齢を過ぎている場合、どうすれば良いか?

ここまで「婚活は何歳から始めれば良いか?」ということを確認し、男女それぞれ一定の答えにたどり着くことが出来ました。

しかし、この記事を読んだ時点で、既にその年齢を超えてしまっている方は、一体どうすれば良いのでしょうか?

結論から言えば、「全体的に短縮できる部分を短縮していく」ということになります。

平均的な婚活に要する時間を、もう一度確認してみましょう。

《平均的な婚活に要する期間》※独自調べ

  1. 知り合うまで:0~3か月程度
  2. 関係性を深めるための期間:3か月~6か月
  3. 同棲期間:半年~1年
  4. 結婚


まず、知り合うまでの期間は短縮が可能です。

さらに、関係性を深める期間も短縮が可能です。

さらにさらに、並行して複数人対応を行えば、良い人に巡り合う可能性が高くなり、失敗のリスクを軽減できます。

同棲期間は基本的には短縮しない方が良いので、失敗なしで、1年で決着をつけることは可能であると思います。
※もちろん多少の技術や、あなたに合った婚活戦略をとる必要はある。

また、結婚して後悔しないためにも、「徹底的な話し合い」が重要です。

これがなされないまま結婚をしてしまうと、結局お互いに後悔する可能性が高くなってしまいます。

「徹底的な話し合い」を行うことができれば、同棲期間の短縮も多少は可能となるので、より短期間で結婚にたどり着くことができるのです。

適齢期を過ぎると、焦りが出てしまい、スピード婚のようになりがちですが、ゴールは婚姻関係を結ぶことではなく、「幸せな結婚生活」にした方が良いと思います。

仮に今、今回お伝えした婚活開始年齢を過ぎていても、あなたに合った方法で正しく行うことで、時間を短くすることはできますので、ぜひ真剣に婚活に取り組んでみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「婚活は何歳から始めたら良いですか?」という問いに対して、考え方、算出の仕方を含めてお伝えいたしました。

婚活は、焦って行うと、心の余裕がなく、相手の見極めも狂ってきてしまいます。

心の余裕がないときの選択は、あまり良い選択が出来なくなるのです。

そのため、婚活は余裕をもって、若いうちから始めた方が良いと言えます。

相手のあることなので、常にうまくいくわけではありません。

あなたが幸せな結婚生活を送るためにも、早めに取り掛かってみてください。

かいとうばいばい影

会う前にほれさせるメルマガバナー